給食・食育

食事は保育の柱です

食育のねらい

  • 食べたいもの、好きなものが増える。
  • 楽しく食べる体験を重ね、食への意欲を高める。
  • 友達と一緒に食べる楽しさを知り、良い食習慣の基礎を身につける。

園内調理で作る園自慢のごはんとおやつ

  • 昔ながらの自然な味付けが基本です。
  • 食材の旨味が引き立つ優しい味を大切にしています。
  • 旬の野菜、果物、魚、乾物、調味料などできる限り国産のものを使って作っています。

今日の給食おいしかった?

毎日の給食を玄関に展示しています。帰りの時間にお子さんと一緒に見てその日の食事の様子などおしゃべりするのも楽しいですね。レシピが知りたい時は遠慮なく声をかけてください。

離乳食

各家庭と連携をとり、発達や生活リズムに合わせ個別の対応をしています。
味覚の発達、咀嚼を促せるように配慮して進めていきます。
冷凍母乳の預かりもしていますのでお申し出ください。

アレルギー食の対応

アレルギーがあるお子さんも安心して給食が食べられるようにアレルギー材料を除いて対応しています。医師の指導のもと、保護者と連携をとりながら進めていきます。医師の診断書(生活管理指導表)を提出していただきます。

安全性について

給食の放射能検査を受けています。実施した際には保育園に提示しますのでご覧ください。当日使用した食材の産地を玄関の点字と一緒に表示しています 。

食育活動

「おいしそう!」「どんな味」「みんなで食べよう!」
の気持ちがふくらむ様々な体験

食体験

春はそら豆やグリーンピースの鞘だし、夏はとうもろこしの皮むき、秋はキノコ割き、鮭の解体を見ること、冬は餅つきなど一年を通して行なっています。
実際に食材に触れることで初めて食べるものや苦手な食べ物でも意欲的に食べるようになります。

調理活動

自分たちで作ったものを友達と一緒に食べ、楽しさを知ることで食に興味、関心を持つようになることをねらいとしています。幼児クラスではお米を研いでご飯を炊く、だしを取って味噌汁を作る、旬の野菜を使ったカレー作りなど様々な調理活動を行っています。

野菜の栽培

園庭で野菜を栽培しています。種を撒き、世話をし、収穫することを通して食べ物に関心を持ち、感謝して食べる心を育てたいと考えています。

行事食

行事の意味など給食を通して伝えています。各地の郷土料理も取り入れています。